PTA会長より

PTAからのお知らせ

LookLook西原伝言板

保護者の方々へお願い

ご来校の際にはルールをお守りくださいますようお願い致します。
 ■自転車やお車での来校はご遠慮ください
  本校に駐輪場・駐車場はありません。
  どんぐり公園や近隣施設への駐輪や、路上駐車は禁止です。
  お子様は歩いて登校しております。大人もお子様と同様に徒歩で来校してください。

 ■ビデオ撮影、カメラ撮影はダメ
  運動会や発表会、入学・卒業式等の行事以外は撮影禁止です。
  授業参観の様子や展示物をビデオやカメラ、携帯カメラや 動画撮影はご遠慮ください。

 ■静かに参観しましょう
  私語をつつしみ、授業の妨げにならないよう参観しましょう。

役員会からのお知らせ

自転車保険加入の勧め 
都内の交通事故全体に占める自転車事故の発生割合は36%(平成26年)と全国平均の20%から大きく上回っているそうです。
こんな話を聞きました。
 ■歩道と車道の区別がない道を走行中、女性と正面衝突。女性は意識不明となってしまった。
 ■左折しようとした出会い頭に男性と衝突。男性に重大な障害が残った。
 ■下り坂を走行中、小道から出てきた女性と衝突。女性は3日後に死亡。
交通ルールを守っていても、思いがけない事故は起きます。
 ■自転車を押しながら歩いている途中、ふらついて自転車を放し倒してしまった。
  そばを歩いていた女性が転倒し擦り傷を負った。自転車には当たっていなかったのだが、女性は当たって転んだと主張。
  目撃者までが登場しそう証言した。
  幸い自転車保険に加入していたので、警察を呼び事故処理をした。数ヵ月後、保険会社から「110万円支払いました」
  報告があり驚いた。怪我のせいで休業した分の補償金額だというが、新手の当たり屋だったのか…。
自転車は大人にも子どもにも身近で、手軽に楽しめるとても便利な乗り物です。ですが大きな危険もあることを忘れてはいけません。 安全を心がけて乗ることはとても大切なことです。それでも思わぬ事故に巻き込まれ、被害者や加害者になることもあるのです。そして運悪く当たり屋に遭遇することも!
特に子どもは運転技術の未熟さから大きな事故を招いてしまうことが考えられます。過去最大の賠償請求がくだされた自転車事故を起こしたのは小学5年生、その金額9,521万円。スイミングの帰りの事故だったそうです。
不慮の事故対応に備え、お子様のヘルメット着用と、自転車保険加入を強くお勧めします。

 日頃からPTA活動にご理解とご協力いただきありがとうございます。
 子どもたちが元気で明るく、毎日楽しく学校生活を送れるよう、引き続き、皆様のご支援ご協力を賜りたいと存じます。
 よろしくお願いいたします。

PTA活動の手引き

下記リンクよりPTA活動の手引き(PDFファイル)をご覧いただけます。